Adobe Creativity & Education

Adobe Creativity & Education

グローバル化の流れは、情報技術の発展で加速し続けています。そして、社会や産業は、これまで以上に創造的な人材を求めています。アドビは、学生達の誰もが持っているクリエイティビティーを引き出す教育をお手伝いしていきます。

SFC ORF2015 『<アドビ システムズ 株式会社スポンサーワークショップ>「高校生のためのデザイン講座」』参加者募集! EVENT

SFC ORF2015『<アドビ システムズ 株式会社スポンサーワークショップ>「高校生のためのデザイン講座」』参加者募集!

on 2015.10.19


毎年SFCの研究内容を学生や先生方がブースで発表している一大イベントが、オープンリサーチフォーラム(通称: ORF)です。ここでは高校生向けにSFCの入学案内も行うのですが、その前後でワークショップを高校生向けに行います。アドビとのワークショップではSFC先生方が講師になってくれるのでとても楽しめる内容です。


イベント

日程:2015年11月21日(土)
10:30-12:30 アドビのソフトウェアを組み合わせて服をデザインしよう
14:30-16:00 身の回りのモノをハックしてデザインしよう
17:30-19:30 プログラミングでグラフィックデザインをしよう
※本ワークショップ参加の為には事前登録が必要です。
場所:東京ミッドタウン 4Fカンファレンス room8/B1Fホール
openB(東京都港区赤坂9-7-1)
共催:慶應義塾大学SFC研究所・湘南藤沢学会
内容:高校生向けに3つのワークショップを開催いたします。
参加申込みはこちら ›


『プレゼンテーション Zen』特別授業 REPORT

総合研究大学院大学
2015年度 物理科学学生セミナー
『プレゼンテーション Zen』特別授業

on 2015.9.3


「総合研究大学院大学」の物理科学研究科・高エネルギー加速器科学研究科の2研究科が協同で開催した「2015年度 物理科学学生セミナー」。そこでプレゼンテーション・スキルの向上を目的とする「『プレゼンテーションZen』特別授業およびプレゼンテーション実習」が行われました。その模様をリポートします。


イベントレポート

<イベントレポート>
物理科学学生セミナー『プレゼンテーション Zen』特別授業
2015年7月2日(木)・3日(金)
岐阜県土岐市 自然科学研究機構 核融合科学研究所


AEF2015レポート [全体セッション] ICTスキルを活用した創造力の育成が社会を変える REPORT

2015 ADOBE EDUCATION FORUM イベントレポート Part 2
[全体セッション]
ICTスキルを活用した
創造力の育成が社会を変える

on 2015.7.27


2015年6月3日に開催された「2015 Adobe Education Forum」の全体セッションでは、昨今教育界で注目されている"グローバル教育" "ICT活用スキル"をキーワードに、有識者を招いてスピーチやパネルディスカッションが行われました。その模様をリポートします。


イベントレポート

<イベントレポート>
2015 Adobe Education Forum「全体セッション」
2015年6月3日 (水)
東京・JPタワー ホール&カンファレンス


AEF2015レポート [研究推進セッション] 意図しない画像不正を防ぐために REPORT

2015 ADOBE EDUCATION FORUM イベントレポート Part 1
[研究推進セッション]
意図しない画像不正を防ぐために

on 2015.7.27


2015年6月3日に開催された「2015 Adobe Education Forum」において、午前の部で行われたブレイクアウトセッション。研究・教育推進のためにスキルや知識の共有を図る本セッションでは、会場を分けて研究推進と情報推進の2セッションが開催されました。ここでは「研究推進セッション」の模様をリポートします。


イベントレポート

<イベントレポート>
2015 Adobe Education Forum「研究推進セッション」
2015年6月3日 (水)
東京・JPタワー ホール&カンファレンス


平成26年度 デジタルコンテンツ活用都道府県連絡協議会 REPORT

平成26年度 デジタルコンテンツ活用
都道府県連絡協議会
ICT教育の今を知る意見交換会

on 2015.4.9


2015年3月4日(水)、奈良教育大学を会場として、ICT教育に携わる各都道府県の教育関係者を招き、奈良県教育委員会主催の情報交換会が開かれました。高等学校を中心とする先進的なICT教育への取り組みが紹介された、その模様をレポートします。


イベントレポート

2015年3月4日(水) 奈良教育大学にて開催


Campus事例 大同大学 REPORT

Campus事例 大同大学

on 2015.3.18


ETLA(高等教育機関向け包括ライセンス契約) によりAdobe Creative Cloudを全学導入した、同学の情報学部教員と企画調整部職員の方々に教育への取り組みをうかがいました。


イベントレポート

<導入事例レポート> 
大同大学 情報学部 情報デザイン学科 横井健二氏(学科長 プロダクトデザイン専攻)/横山弥生氏(教授 プロダクトデザイン専攻)/杉本幸雄氏(教授 メディアデザイン専攻)、他

◆ プロダクトデザイン専攻の学生作品は こちら


<慶應義塾大学ワークショップ> 先進的な教育の体験 Part7「イラストレーター/フォトショップで服をデザインしよう」 REPORT

<慶應義塾大学ワークショップ>
先進的な教育の体験 Part7
イラストレーター/フォトショップで服をデザインしよう

on 2015.3.12


最終回となる連載第7回目は、IllustratorやPhotoshopでファッションデザインを行う環境情報学部専任講師・水野大二郎氏の授業です。


イベントレポート

<イベントレポート> 
講師:水野大二郎 氏(慶應義塾大学環境情報学部専任講師)


<慶應義塾大学ワークショップ>先進的な教育の体験 Part6 「リトルプレス・ワークショップ」 REPORT

<慶應義塾大学ワークショップ>
先進的な教育の体験 Part6
リトルプレス・ワークショップ

on 2015.3.9


連載第6回目は、Adobe InDesignを使い、その場でA4サイズの速報紙制作に挑む環境情報学部教授・加藤文俊氏の授業です。


イベントレポート

<イベントレポート> 
講師:加藤文俊 氏(慶應義塾大学環境情報学部教授)


<慶應義塾大学ワークショップ> 先進的な教育の体験 Part5「文字(フォント)で構造物をつくる」 REPORT

<慶應義塾大学ワークショップ>
先進的な教育の体験 Part5
文字(フォント)で構造物をつくる

on 2015.3.4


連載第5回目は、文字(フォント)を使った遊びを通してデジタルファブリケーションに触れる環境情報学部准教授・田中浩也氏の授業です。


イベントレポート

<イベントレポート> 
講師:田中浩也 氏(慶應義塾大学環境情報学部准教授)


<慶應義塾大学ワークショップ> 先進的な教育の体験 Part4「フィジカルを変容させるプロジェクション ~プロジェクションマッピング体験~」 REPORT

<慶應義塾大学ワークショップ>
先進的な教育の体験 Part4
フィジカルを変容させるプロジェクション
~プロジェクションマッピング体験~

on 2015.2.16


連載第4回目は、Adobe After Effectsを使い、プロジェクションマッピングの映像を制作する環境情報学部准教授・筧康明氏の授業です。


イベントレポート

<イベントレポート> 
講師:筧康明 氏(慶應義塾大学環境情報学部准教授)


<慶應義塾大学ワークショップ> 先進的な教育の体験 Part3「プログラムでイラストを描く」 REPORT

<慶應義塾大学ワークショップ>
先進的な教育の体験 Part3
プログラムでイラストを描く

on 2015.2.4


連載第3回目は、プログラミング言語であるJavaScriptを用いAdobe Illustratorでイラストを描く、環境情報学部専任講師・松川昌平氏の授業です。


イベントレポート

<イベントレポート> 
講師:松川昌平 氏(慶應義塾大学環境情報学部専任講師)


<慶應義塾大学ワークショップ> 先進的な教育の体験 Part2「フォトショップでコラージュ体験」 REPORT

<慶應義塾大学ワークショップ>
先進的な教育の体験 Part2
フォトショップでコラージュ体験

on 2015.1.23


連載第2回目は、Adobe Photoshopを使い、写真のコラージュ(合成)を学ぶ環境情報学部准教授・オオニシタクヤ氏の授業です。


イベントレポート

<イベントレポート> 
講師:オオニシタクヤ 氏(慶應義塾大学環境情報学部准教授)


<慶應義塾大学ワークショップ>先進的な教育の体験オープンレクチャ Part1 REPORT

<慶應義塾大学ワークショップ>
先進的な教育の体験 Part1
PostScript言語でジェネラティブなお絵描きをしよう

on 2014.12.17


2014年11月17日(月)~22日(土)に開催された「第19回 慶應義塾大学 SFC Open Research Forum 2014」(ORF2014)において、11月21日(金)・22日(土)の2日間、アドビ システムズ社のクリエイティブ系ソフトウェアを用いたSFC(湘南藤沢キャンパス)の教員による模擬授業兼ワークショップが行われました。その模様をレポートします。第1回目は、PostScript言語を直接編集し、Adobe Illustratorで図形を描く環境情報学部教授・脇田玲氏の授業です。


イベントレポート

<イベントレポート> 
講師:脇田玲 氏(慶應義塾大学環境情報学部教授)


2014 ADOBE EDUCATION FORUM イベントレポート Part1 REPORT

2014 Adobe Education Forum
イベントレポート Part1

on 2014.8.6


2014年6月5日(木)に開催された「2014 Adobe Education Forum」の模様をレポートします。広報・マーケティングについて、世界の潮流や国内で先進的に取り組んでいる大学の事例の紹介をもとに、今後の大学経営とマーケティングについてディスカッションを行いました。


イベントレポート

<フォーラム登壇者> 
歌代豊氏<明治大学 経営学部 教授・広報センター副センター長>/岡村康行氏<大阪大学 理事・副学長 (国際・広報戦略、社学連携担当)>/深澤良彰氏<早稲田大学 理事 (研究推進部門統括・情報化推進担当)>/トレバーベイリー<米アドビ システムズ Worldwide Education 担当ディレクター>


2014 ADOBE EDUCATION FORUM EVENT

2014 ADOBE EDUCATION FORUM

on 2014.4.16


2014年6月5日、高等教育機関の方々を対象とした「2014 Adobe Education Forum」を開催します。第三回となる今回は「大学マーケティング」をテーマにパネルディスカッションを行います。さらに後半では、教育におけるクリエイティブな思考とコラボレーションを尊重するAdobeの教育ソリューションと、国内大学での活用事例をご紹介します。


イベント

<イベント>
2014 Adobe Education Forum
「大学マーケティングを考える」
開催日:2014年6月5日 (木)


『私の人財処方箋』大学戦略的ICT ―管理・運営思考からの脱却― INTERVIEW

『私の人財処方箋』
大学戦略的ICT
―管理・運営思考からの脱却―

on 2013.11.15


大学経営の立場からICT(情報通信技術)環境の構築に積極的に取り組む千葉工業大学常務理事の宮川博光氏と、産業界代表として東京海上日動システムズ株式会社顧問(前社長)横塚裕志氏による対談です。


インタビュー

<インタビュー連載企画『私の人財処方箋』>
横塚裕志(東京海上日動システムズ株式会社 顧問)
宮川博光(千葉工業大学 常務理事)
増渕賢一郎(アドビ システムズ 株式会社 教育市場担当 マーケティング部長)


『私の人財処方箋』【第3回】新しい時代の人財育成のために、大学に求めること INTERVIEW

『私の人財処方箋』
【第3回】新しい時代の人財育成のために、大学に求めること

on 2013.10.28


今の日本企業が求めるグローバルな競争力を持つ人財像。しかしその人財像が持つスキルセットを学べる場が日本の大学にあるのか。経営者として日本企業の課題をつぶさに見てきた横塚氏に、人財育成に関しての処方箋を示してもらう、3回シリーズの最終回。


インタビュー

<インタビュー連載企画『私の人財処方箋』第3回>
横塚裕志(東京海上日動システムズ株式会社 顧問)
増渕賢一郎(アドビ システムズ 株式会社 教育市場担当 マーケティング部長)


『私の人財処方箋』【第2回】世界と戦える人財に必要な「3つのスキルセット」とは INTERVIEW

『私の人財処方箋』
【第2回】世界と戦える人財に必要な
「3つのスキルセット」とは

on 2013.10.24


いま日本企業には、供給者側からお客様側へと目線の転換が求められている。具体的にこれからの人財に求められるスキルセットとは、いったいどのようなものなのだろうか。前回に続き、横塚裕志氏にお話を伺いました。


インタビュー

<インタビュー連載企画『私の人財処方箋』第2回>
横塚裕志(東京海上日動システムズ株式会社 顧問)
増渕賢一郎(アドビ システムズ 株式会社 教育市場担当 マーケティング部長)


PBL実施校の視点から探る、高度IT教育が目指す未来「PBLラウンドテーブル」 REPORT

PBL実施校の視点から探る、
高度IT教育が目指す未来
「PBLラウンドテーブル」

on 2013.10.3


学生有志により開催された「PBL Mashup 2013」。ワークショップと共に引率で参加された教員各位を招き、情報共有をはかるセッションが行われました。現場で得られた生の声をレポートします。


イベントレポート

<イベントレポート>
ゲストスピーカー:星野友彦(日経BP社 コンピュータ・ネットワーク局 局長補佐)
その他ディスカッション参加者


大学生が運営するアプリ開発ワークショップ「PBL MASHUP 2013」 REPORT

大学生が運営する
アプリ開発ワークショップ
「PBL MASHUP 2013」

on 2013.10.3


学生みずからが人材育成について考え、企画・運営した「PBL Mashup 2013」。複数の大学・大学院・専門学校生が集まって取り組んだワークショップの様子をレポートします。


イベントレポート

<イベントレポート>
PBL MASH UP 2013
大学生によるアプリ開発ワークショップ
2013年3月17日(日)・18日(月)


2013 Adobe Education Forumイベントレポート REPORT

2013 Adobe Education Forum
イベントレポート

on 2013.10.1


2013年7月9日(火)・11日(木)の2日にわたり、大阪と東京にて開催された「2013 Adobe Education Forum」では「クリエイティビティを育む教育環境の実現」をテーマに掲げ、その育成に取り組む教育現場からの実践的なレポートが数多く披露されました。その内容をレポートします。


イベントレポート

<イベントレポート>
2013 Adobe Education Forum
2013年7月9日(火)・11日(木)
東京・大阪にて開催


『私の人財処方箋』【第1回】クリエイティブする力が競争力の源泉 INTERVIEW

『私の人財処方箋』
【第1回】クリエイティブする力が
競争力の源泉

on 2013.9.12


変化が加速する中、次代を担う人財にはどのようなスキルセットが求められているのだろうか―。東京海上日動システムズ株式会社顧問(前社長)横塚裕志氏に企業が求める人財、企業内および大学における人財育成についてお話を伺いました。


インタビュー

<インタビュー連載企画『私の人財処方箋』第1回>
横塚裕志(東京海上日動システムズ株式会社 顧問)
増渕賢一郎(アドビ システムズ 株式会社 教育市場担当 マーケティング部長)


『WORK SHIFT』著者と考える、大学の未来図 REPORT

『WORK SHIFT』著者と考える、
大学の未来図

on 2013.3.8


『WORK SHIFT ~孤独と貧困から自由になる働き方の未来図 2025』の著者であるリンダ・グラットン教授を囲んでのラウンドテーブル。そのレポートを、登録者限定でダウンロードいただけます。


イベントレポート

<イベントレポート>
リンダ・グラットン教授を囲むラウンドテーブル
リンダ・グラットン(『WORK SHIFT』著者/ロンドン・ビジネススクール教授)
野村恭彦(フューチャーセッションズ代表/イノベーション・ファシリテーター)


これから大学が進めるべき“シフト”について INTERVIEW

これから大学が進めるべき
“シフト”について

on 2013.3.8


「WORK SHIFT」の著者で経営組織論の世界的権威であるリンダ・グラットン氏をゲストに迎え、アドビ システムズ 株式会社 マーケティング本部長 福井 恵がお話を伺いました。


インタビュー

<インタビュー Room Vol.4 スペシャル対談>
リンダ・グラットン
(『WORK SHIFT』著者/ロンドン・ビジネススクール教授)
福井恵
(アドビ システムズ 株式会社 マーケティング本部 本部長)



様々な学部の学生と協業してのアプリ開発ワークショップ EVENT

様々な学部の学生と協業しての
アプリ開発ワークショップ

on 2013.3.1


大学・大学院生を対象とした、モバイルアプリケーション開発のPBL(Project Based Learning)を実施いたします。様々な学部の学生と協業しながら、ビジネス・サービスモデルやモックアップを制作し、それに対してアプリケーション開発のプロからフィードバックを受けることができます。<好評のうちに終了いたしました>


イベント

<イベント>
PBL MASH UP 2013
大学生によるアプリ開発ワークショップ
開催日:2013年3月17日(日)・18日(月)の2日間


教育にもフューチャーセッション[未来志向の対話の場]の考え方を。 INTERVIEW

教育にもフューチャーセッション
[未来志向の対話の場]の考え方を。

on 2013.1.5


企業のグローバル化で、日本のサラリーマンは行き場を失う?イノベーション・ファシリテーターとして社会イノベーションの実現に取り組む「知的創造型組織づくり」の専門家、野村恭彦氏に、ワークスタイルの変化と次代に可能性を広げる教育についてお話を伺いました。



インタビュー

<インタビュー Room Vol.3>
野村恭彦
(フューチャーセッションズ代表/イノベーション・ファシリテーター)


デザインと技術の両立に、大きなニーズがある。 INTERVIEW

デザインと技術の両立に、
大きなニーズがある。

on 2012.8.23


“作品づくりを通して技術を学べる学校を、日本につくりたかった”
ウェブの制作会社でありながら、スクールの運営にも力を入れている株式会社クスールの代表、テクニカル・ディレクターの松村慎氏にお話を伺いました。


インタビュー

<インタビュー Room Vol.2>
松村慎(クスール代表/テクニカル・ディレクター)


専門性を越えて、インテグレーションする力を。 INTERVIEW

専門性を越えて、
インテグレーションする力を。

on 2012.5.29


デザインエンジニアという新しい分野を開拓し、製品開発からアート作品まで幅広く手がける田川欣哉氏をゲストに迎え、アドビ システムズ社副社長アン・ルネスがお話を伺いました。


インタビュー

<インタビュー Room Vol.1 スペシャル対談>
田川欣哉(takram design engineering 代表)
Ann Lewnes(アドビシ ステムズ 社 グローバルマーケティング担当上級副社長)


よく読まれている記事TOP3 直近一ヶ月間のアクセス集計結果

いま、教育の最先端で何が起きているのか

Campus導入事例

アドビが提供する業界最先端のツールとサービスを利用し、魅力的な学習体験を創出している大学の事例をご紹介しています。


事例①筑波大学

学際的な研究・教育の伝統を背景に「情報」と「デザイン」の本質を結び付け、社会をリードする知的創造性を育成


事例②千葉工業大学

国際標準のツールで、世界水準の人材を育成。学生の主体的な学びをサポートし“未来のものづくり”を見据える工学教育

導入事例を読む