教育機関向け|無料

GIGA スクールモデルの「1人1台」で
創造性を伸ばす学びに最適です

教育機関向け

無料

Adobe Spark とは?

魅力的なプレゼンテーションが楽しく、簡単に作れるクリエイティブツール。 GIGA スクールモデルで一人ひとりの創造性を伸ばし、あらゆる教科でのわかりやすく伝える力・豊かな表現力を育む活動におすすめです。

すべての GIGA スクールモデルで使えます

  • Chromebook
    Chromebook
  • Windows PC
    Windows PC
  • iPad
    iPad
  • ポスターなど写真を使った作品制作に

    ポスターなど写真を
    使った
    作品制作に

    テンプレートを選んでテキスト入力するだけ。写真の取り込みや配置も簡単なので、新年度の自己紹介や学校行事のポスターなど、クオリティの高い表現制作が楽しく行えます。

  • 校内外に共有したいWeb ページ制作に

    校内外に共有したい
    Web ページ制作に

    文章や写真、動画を組み合わせて、コーディング不要で共有・公開できる Web ページが作れます。調べ学習のまとめの他、行事など保護者向けの写真共有にもおすすめです。

  • 写真・動画のスライドショー制作に

    写真・動画の
    スライドショー制作に

    総合学習や自由研究も、スライドショーでもっと惹きつけるプレゼンテーションに。写真や動画だけでなく、ナレーションなど音声も直感的に組み合わせられ、1本のストーリーとして制作できます。

Adobe Spark が
GIGA スクールモデルに
最適な理由

Google, Azure AD と連携
インストール不要* で
すぐ使える

Spark は申込から利用開始まで、すべて手元で設定完了できます。
Web版(Chromebook、Windows PCの利用)はインストール不要*、お持ちのアカウントでの
シングルサインオンで、
アプリへのアクセスも簡単です。

* iOS版、Android版(Spark Postのみ)はインストールが必要です

STEP01 Spark 利用申込

STEP01

Spark 利用申込

こちらの申込フォームに必要事項を入力・送信後、3営業日ほどで「Adobe Value Incentive Planへの招待を承認してください」というメールが届きます。

メール内の「今すぐ加入」をクリックして、「Adobe Value Incentive Plan」(無料)に加入をします。

STEP02 Google・Azure AD など認証連携の設定

STEP02

Google・Azure AD など
認証連携の設定

Spark は、Google Workspace for Education や Microsoft Azure AD などのアカウント(ユーザー名・パスワード)でログインすることができます。お使いのエンタープライズディレクトリを ID プロバイダー(IdP)として、ユーザーの認証情報をアドビへ提供します。この設定後、ID 情報は自動で同期されます。

STEP03 ユーザーの割り当て

STEP03

ユーザーの割り当て

ステップ2の設定により同期されたユーザー情報を割り当てます。これで Spark を使い始める準備は完了です。

教育機関向け無料
Adobe Sparkの導入・操作方法などを
ご案内します

楽しく・簡単に・
クオリティ高く
創造的な学びに役立つ

つくる・表現する楽しさを子どもたちに。
文字や画像を自由に組み合わせていくだけで、
簡単に魅力的なビジュアルプレゼンテーションが完成。
アプリの操作よりも、考えを深め、豊かに表現することに集中できます。

直接 Google Classroom や Teams への提出・共有ができるほか、Google Drive への保存も可能です。

直接 Google Classroom や Teams への提出・共有ができるほか、Google Drive への保存も可能です。

Spark Post・Video は画像や動画ファイル(JPG, PNG, PDF, MP4)でダウンロード可能

実際にSprakで制作しながら、
基本的な使い方が学べる「教員向け研修動画」をご用意しています。
教育委員会や学校での研修会開催などにぜひご活用ください。

事例紹介

奈良県教育委員会

小・中・高・特別支援学校に Adobe Spark を県域一括導入。
1人1台端末でSparkを使い、自らの考えやアイデアを夢中になって表現する楽しさを実感しながら、一人ひとりの創造性を発揮した主体的な学びにつなげています。

事例紹介 奈良県教育委員会

児童・生徒の作品事例

2019年度 SDGs クリエイティブアイデアコンテスト(アドビ主催)から、
学校部門の優秀作品をご紹介します。

  • 亀岡市立東別院小学校
    亀岡市立東別院小学校
  • 成城学園高等学校
    成城学園高等学校
  • 岐阜県立岐南工業高等学校
    岐阜県立岐南工業高等学校
作品の共有も簡単 もちろん安全に

作品の共有も簡単
もちろん安全に

COPPA(児童オンラインプライバシー保護法)に準拠し、学校管理で安全に使えます。
公開時は主要検索エンジンの検出対象外となり、URLを知る人のみが閲覧できる設定なので安心して共有できます。

よくいただくご質問

Adobe Spark の導入・利用にかかる
費用は?

小中高校・大学、教育委員会など教育機関は無料です。*
一般向け有償プランの機能まで含めて無料でご利用いただけます。
初期設定やユーザー割当はお客様にて行う必要があります。
(お申込時に設定マニュアルをダウンロードいただけます)

*教育機関の定義について さらに詳しく ›

Adobe Spark の利用には何が必要?

Adobe Spark はオンライン Web サービスです。
spark.adobe.com/ja-JP/sp/ にアクセスするだけで、お気に入りのブラウザーから直接ビデオ、ページ、投稿を作成できます。Adobe Spark は iOS でも入手できますが、Adobe Spark Post/Video/Pageという3 つのアプリケーションに分割しています。Adobe Spark Post は、Android デバイスでも入手可能です。

Adobe Spark の必要システム
構成は?

こちらをご確認ください。

Adobe Spark に適した学年、教科は
ありますか?

あらゆる年齢・学年のお子様が使用できます。COPPA 準拠につき13歳未満のお子様は Adobe Spark の利用規約に同意する保護者、あるいは教員などその他の承認された大人により直接監督される必要があります。 また、学習のまとめやアイデアのプレゼンテーションなど、教科を問わず表現・まとめが欠かせないこれからの探究活動に最適です。

利用申込後はどうなりますか?

3営業日ほどで「Adobe Value Incentive Plan への招待を承認してください」というメールが届きます。 メール内の「今すぐ加入」をクリックして、「Adobe Value Incentive Plan」(無料)に加入をします。その後マニュアルに沿って G Suite や Azure AD などとのフェデレーションを含む初期設定・ユーザ割り当てを完了していただき次第、すぐに Spark を使いはじめられます。

Adobe Spark の利用には何が必要?

Adobe Spark はオンライン Web サービスです。
spark.adobe.com/ja-JP/sp/ にアクセスするだけで、お気に入りのブラウザーから直接ビデオ、ページ、投稿を作成できます。Adobe Spark は iOS でも入手できますが、Adobe Spark Post/Video/Pageという3 つのアプリケーションに分割しています。Adobe Spark Post は、Android デバイスでも入手可能です。

Adobe Spark に適した学年、教科は
ありますか?

あらゆる年齢・学年のお子様が使用できます。COPPA 準拠につき13歳未満のお子様は Adobe Spark の利用規約に同意する保護者、あるいは教員などその他の承認された大人により直接監督される必要があります。 また、学習のまとめやアイデアのプレゼンテーションなど、教科を問わず表現・まとめが欠かせないこれからの探究活動に最適です。

教育機関向け Adobe Spark は無料。申込から数日で利用開始できます。

個人で Adobe Spark を利用する方はこちら